競技プログラミング

A – Welcome to AtCoder

https://atcoder.jp/contests/practice/tasks/practice_1

イントロダクション

この記事では、整数と文字列の基本的な操作に関する問題、特に a+b+c の計算結果と文字列 s の並べ替えを考えてみましょう。

問題の詳細説明

この問題では、整数 a,b,c と文字列 s が与えられます。a+b+c の計算結果と、文字列 s を並べて表示するプログラムを作成することが求められています。

問題の要素解説

  • 基本的な数値計算: Swiftで簡単に行えます。
  • 文字列と数値の組み合わせ: Swiftでは簡単に行えます。

解答戦略

まず、a, b, c の合計を求め、その後で結果と文字列 s を結合します。

コードの解説

// 入力部分
let a = Int(readLine()!)!
let line = readLine()!.split(separator: " ").map { Int($0)! }
let b = line[0]
let c = line[1]
let s = readLine()!

// a+b+c の計算
let result = a + b + c

// 結果と文字列 s の表示
print("\(result) \(s)")

上記のコードではまず a を読み取ります。次に、空白で分割された bc を1行で読み取ります。最後に、文字列 s を読み取ります。その後、a + b + c を計算し、その結果と s を連結して出力します。

テストケースと実行結果

入力:

1
2
3
test

出力:

6 test

考察と最適化

この問題は比較的簡単で、最適化する余地はほとんどありません。基本的な数値計算と文字列操作の練習問題と考えて良いでしょう。

結論

以上、Swiftを使った基本的な数値計算と文字列の並べ替えについて解説しました。これらの基本操作は、より複雑なプログラムを書くための基礎となります。

コメントとフィードバックの募集

ご質問やフィードバックがありましたら、お気軽にコメントください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です